• カテゴリー別アーカイブ zoneminder
  • SV3C B16VW-5MP-HX

    「SV3C」について

    SV3Cは2013年に設立されたセキュリティホームデバイスに特化したメーカーとのことです。主な製品はPOE IPカメラ、ワイヤレスIPカメラ、家庭用カメラ、その他アクセサリで、自社ブランド度して「SV3C」を展開しており、一部にODM/OEMを提供しているとのことです。利用者視点では、SV3CのIPカメラはAmazonやヤフオク等で1万円以下のお手頃価格で入手しやすく、数年間にわたる運用でも問題なく稼働し続けるデバイスを製造しています。カメラのCCDは、Sony製を利用している場合と、それ以外のCCD(中国メーカー?)を利用している模様です。一点、注意点は5万円以上で売られている日本メーカー製に比べるとユーザーインターフェース等に粗削りな箇所があるところです。しかし、ONVIFで録画サーバにデータを集める場合、ユーザーインターフェースは初期設定にしか利用しない為、コスパの良い製品であることに変わりはありません。

    「B16VW-5MP-HX」について

    Wifi/優先LANに対応したSony製CCDを用いた高解像度カメラです。PoEには対応していません。防水性能もIP66と申し分ないのですが、現状日本ではまだ売られていないようです。

    「B16VW-5MP-HX」の製品画像

    B16VW-5MP-HX

    「B16VW-5MP-HX」の参考価格、購入先

    まだ日本国内での取り扱いは無いようです

    「B16VW-5MP-HX」のスペック情報

    ベンダ紹介ページベンダ製品紹介ページ
    POE
    Wifi IEEE 802.11 b/g/n
    表示画素数2560*1920
    イメージセンサー 1/2.8″ SONY335
    レンズ 5X Full Automatic Varifocal; F=2.7-13.5
    赤外線 42Pcs IR LED, IR-CUT function, 5MP Night Vision
    View Angle 26-96 degree
    動作周囲温度-10℃~50℃
    防水性能 IP66 Level
    電源 DC 12V 1A
    圧縮方式 H.265、H264
    SDカード Optional 128GB SD Storage
    プロトコル Support ONVIF 2.4(backward compatible)
    B16VW-5MP-HX スペック詳細

  • SV3C B07W-1080P-HX

    「SV3C」について

    SV3Cは2013年に設立されたセキュリティホームデバイスに特化したメーカーとのことです。主な製品はPOE IPカメラ、ワイヤレスIPカメラ、家庭用カメラ、その他アクセサリで、自社ブランド度して「SV3C」を展開しており、一部にODM/OEMを提供しているとのことです。利用者視点では、SV3CのIPカメラはAmazonやヤフオク等で1万円以下のお手頃価格で入手しやすく、数年間にわたる運用でも問題なく稼働し続けるデバイスを製造しています。カメラのCCDは、Sony製を利用している場合と、それ以外のCCD(中国メーカー?)を利用している模様です。一点、注意点は5万円以上で売られている日本メーカー製に比べるとユーザーインターフェース等に粗削りな箇所があるところです。しかし、ONVIFで録画サーバにデータを集める場合、ユーザーインターフェースは初期設定にしか利用しない為、コスパの良い製品であることに変わりはありません。

    「B07W-1080P-HX」について

    Wifi/優先LANに対応した高解像度カメラです。PoEには対応していません。防水性能もIP66と申し分ありません。日本での取り扱いはまだ無いようです。近場に電源コンセントだけはあり、無線が届く場所に設置するのであればお勧めです。逆に、近場に電源コンセントが無いのであれば、PoE対応のカメラを購入した方が施工費用含めて安く抑えられます。

    「B07W-1080P-HX」の製品画像

    B07W-1080P-HX

    「B07W-1080P-HX」の参考価格、購入先

    まだ日本国内での取り扱いは無いようです

    「B07W-1080P-HX」のスペック情報

    ベンダ紹介ページベンダ製品紹介ページ
    POE
    Wifi IEEE 802.11 b/g/n
    表示画素数1920*1080
    イメージセンサー 1/3″ 2 Megapixel 3.6 mm CMOS sensor
    レンズ
    赤外線 30pcs LEDs, IR-CUT function
    View Angle 70°
    動作周囲温度-20℃~60℃
    防水性能
    電源 DC 12V 1A
    圧縮方式 H264
    SDカード Support Micro SD card and PC client linkage alarm recording
    プロトコル Support ONVIF 2.4(backward compatible)
    B07W-1080P-HX スペック詳細

  • SV3C SV-B01W-960P-HX

    「SV3C」について

    SV3Cは2013年に設立されたセキュリティホームデバイスに特化したメーカーとのことです。主な製品はPOE IPカメラ、ワイヤレスIPカメラ、家庭用カメラ、その他アクセサリで、自社ブランド度して「SV3C」を展開しており、一部にODM/OEMを提供しているとのことです。利用者視点では、SV3CのIPカメラはAmazonやヤフオク等で1万円以下のお手頃価格で入手しやすく、数年間にわたる運用でも問題なく稼働し続けるデバイスを製造しています。カメラのCCDは、Sony製を利用している場合と、それ以外のCCD(中国メーカー?)を利用している模様です。一点、注意点は5万円以上で売られている日本メーカー製に比べるとユーザーインターフェース等に粗削りな箇所があるところです。しかし、ONVIFで録画サーバにデータを集める場合、ユーザーインターフェースは初期設定にしか利用しない為、コスパの良い製品であることに変わりはありません。

    「SV-B01W-960P-HX」について

    Wifi/優先LANに対応したカメラです。PoEには対応していません。防水性能もIP66と申し分ありません。日本での取り扱いはまだ無いようです。近場に電源コンセントだけはあり、無線が届く場所に設置するのであればお勧めです。逆に、近場に電源コンセントが無いのであれば、PoE対応のカメラを購入した方が施工費用含めて安く抑えられます。

    「SV-B01W-960P-HX」の製品画像

    SV-B01W-960P-HX

    「SV-B01W-960P-HX」の参考価格、購入先

    まだ日本国内での取り扱いは無いようです

    「SV-B01W-960P-HX」のスペック情報

    ベンダ紹介ページベンダ製品紹介ページ
    POE
    Wifi IEEE 802.11 b/g/n
    表示画素数1280*960
    イメージセンサー 3.6mm lens, 1/3″ CMOS sensor
    レンズ
    赤外線 6pcs LEDs, IR-CUT function
    View Angle 75°
    動作周囲温度-20℃~60℃
    防水性能
    電源 DC 12V 1A
    圧縮方式 H264
    SDカード Support Micro SD card and PC client linkage alarm recording
    プロトコル Support ONVIF 2.4(backward compatible)
    SV-B01W-960P-HX スペック詳細

  • SV3C SV-B01W-1080P-HX

    「SV3C」について

    SV3Cは2013年に設立されたセキュリティホームデバイスに特化したメーカーとのことです。主な製品はPOE IPカメラ、ワイヤレスIPカメラ、家庭用カメラ、その他アクセサリで、自社ブランド度して「SV3C」を展開しており、一部にODM/OEMを提供しているとのことです。利用者視点では、SV3CのIPカメラはAmazonやヤフオク等で1万円以下のお手頃価格で入手しやすく、数年間にわたる運用でも問題なく稼働し続けるデバイスを製造しています。カメラのCCDは、Sony製を利用している場合と、それ以外のCCD(中国メーカー?)を利用している模様です。一点、注意点は5万円以上で売られている日本メーカー製に比べるとユーザーインターフェース等に粗削りな箇所があるところです。しかし、ONVIFで録画サーバにデータを集める場合、ユーザーインターフェースは初期設定にしか利用しない為、コスパの良い製品であることに変わりはありません。

    「SV-B01W-1080P-HX」について

    Wifi/優先LANに対応した高解像度カメラです。PoEには対応していません。防水性能もIP66と申し分ありません。Amazonでも5000円以下で売られており、セール等で多少値段が下がることもあります。近場に電源コンセントだけはあり、無線が届く場所に設置するのであればお勧めです。逆に、近場に電源コンセントが無いのであれば、PoE対応のカメラを購入した方が施工費用含めて安く抑えられます。

    「SV-B01W-1080P-HX」の製品画像

    SV-B01W-1080P-HX

    「SV-B01W-1080P-HX」の参考価格、購入先

    SV-B01W-1080P-HX (参考価格4800円前後)

    「SV-B01W-1080P-HX」のスペック情報

    ベンダ紹介ページベンダ製品紹介ページ
    POE
    Wifi IEEE 802.11 b/g/n
    表示画素数1920*1080
    イメージセンサー 3.6mm lens, 1/2.7″ CMOS sensor
    レンズ
    赤外線 6pcs LEDs, IR-CUT function
    View Angle 70°
    動作周囲温度-20℃~60℃
    防水性能
    電源 DC 12V 1A
    圧縮方式 H264
    SDカード Support Micro SD card and PC client linkage alarm recording
    プロトコル Support ONVIF 2.4(backward compatible)
    SV-B01W-1080P-HX スペック詳細

  • SV3C SD3W-1080P

    「SV3C」について

    SV3Cは2013年に設立されたセキュリティホームデバイスに特化したメーカーとのことです。主な製品はPOE IPカメラ、ワイヤレスIPカメラ、家庭用カメラ、その他アクセサリで、自社ブランド度して「SV3C」を展開しており、一部にODM/OEMを提供しているとのことです。利用者視点では、SV3CのIPカメラはAmazonやヤフオク等で1万円以下のお手頃価格で入手しやすく、数年間にわたる運用でも問題なく稼働し続けるデバイスを製造しています。カメラのCCDは、Sony製を利用している場合と、それ以外のCCD(中国メーカー?)を利用している模様です。一点、注意点は5万円以上で売られている日本メーカー製に比べるとユーザーインターフェース等に粗削りな箇所があるところです。しかし、ONVIFで録画サーバにデータを集める場合、ユーザーインターフェースは初期設定にしか利用しない為、コスパの良い製品であることに変わりはありません。

    「SD3W-1080P」について

    Wifi/優先LANに対応した高解像度カメラです。PoEには対応していません。防水性能もIP66と申し分ありません。日本での取り扱いはまだ無いようです。近場に電源コンセントだけはあり、無線が届く場所に設置するのであればお勧めです。逆に、近場に電源コンセントが無いのであれば、PoE対応のカメラを購入した方が施工費用含めて安く抑えられます。

    「SD3W-1080P」の製品画像

    SD3W-1080P

    「SD3W-1080P」の参考価格、購入先

    まだ日本国内での取り扱いは無いようです

    「SD3W-1080P」のスペック情報

    ベンダ紹介ページベンダ製品紹介ページ
    POE
    WifiIEEE 802.11 b/g/n
    表示画素数1920*1080
    イメージセンサー 1/2.9 CMOS
    レンズ
    赤外線 8pcs LED, IRCUT function, HD 1080P Night Vision
    View Angle 76°
    動作周囲温度-10℃~50℃
    防水性能
    電源 DC5V 1.5A
    圧縮方式 H.264/H.265
    SDカード Support Micro SD card, cloud storage and PC client linkage alarm recording
    プロトコルSupport TCP/IP, DHCP, DDNS, RTP,RTSP, PPPOE ,SMTP, ?NTP, UPNP
    SD3W-1080P スペック詳細

  • SV3C D13POE-5MPL-A

    「SV3C」について

    SV3Cは2013年に設立されたセキュリティホームデバイスに特化したメーカーとのことです。主な製品はPOE IPカメラ、ワイヤレスIPカメラ、家庭用カメラ、その他アクセサリで、自社ブランド度して「SV3C」を展開しており、一部にODM/OEMを提供しているとのことです。利用者視点では、SV3CのIPカメラはAmazonやヤフオク等で1万円以下のお手頃価格で入手しやすく、数年間にわたる運用でも問題なく稼働し続けるデバイスを製造しています。カメラのCCDは、Sony製を利用している場合と、それ以外のCCD(中国メーカー?)を利用している模様です。一点、注意点は5万円以上で売られている日本メーカー製に比べるとユーザーインターフェース等に粗削りな箇所があるところです。しかし、ONVIFで録画サーバにデータを集める場合、ユーザーインターフェースは初期設定にしか利用しない為、コスパの良い製品であることに変わりはありません。

    「D13POE-5MPL-A」について

    PoEに対応したSony製CCDを用いた高解像度カメラです。防水性能もIP66と申し分ないのですが、現状日本ではまだ売られていないようです。

    「D13POE-5MPL-A」の製品画像

    D13POE-5MPL-A

    「D13POE-5MPL-A」の参考価格、購入先

    まだ日本国内での取り扱いは無いようです

    「D13POE-5MPL-A」のスペック情報

    ベンダ紹介ページベンダ製品紹介ページ
    POE 802.3af, 48V
    Wifi
    表示画素数2592*1944@15fps
    イメージセンサー SONY335 CMOS Size, 1/2.8″
    レンズ 3.6mm 5MP HD Lens
    赤外線?24pcs IR Led Lights, IR-CUT function, 5MP Night Vision
    View Angle 87°
    動作周囲温度-30℃~50℃
    防水性能 IP66 Level
    電源 Can be powered by both DC 12V 1A and POE
    圧縮方式 H.264/H.265/H265+
    SDカード No
    プロトコル Support ONVIF 2.6(backward compatible) and private protocol
    D13POE-5MPL-A スペック詳細

  • SV3C B08POE-5MPL-A

    「SV3C」について

    SV3Cは2013年に設立されたセキュリティホームデバイスに特化したメーカーとのことです。主な製品はPOE IPカメラ、ワイヤレスIPカメラ、家庭用カメラ、その他アクセサリで、自社ブランド度して「SV3C」を展開しており、一部にODM/OEMを提供しているとのことです。利用者視点では、SV3CのIPカメラはAmazonやヤフオク等で1万円以下のお手頃価格で入手しやすく、数年間にわたる運用でも問題なく稼働し続けるデバイスを製造しています。カメラのCCDは、Sony製を利用している場合と、それ以外のCCD(中国メーカー?)を利用している模様です。一点、注意点は5万円以上で売られている日本メーカー製に比べるとユーザーインターフェース等に粗削りな箇所があるところです。しかし、ONVIFで録画サーバにデータを集める場合、ユーザーインターフェースは初期設定にしか利用しない為、コスパの良い製品であることに変わりはありません。

    「B08POE-5MPL-A」について

    PoEに対応したSony製CCDを用いた高解像度カメラです。防水性能もIP66と申し分ないのですが、Amazonでも取り扱いがある事から容易に購入することが可能です。値段は8千円程度ですが、セール時には2000円程度クーポン値引きがかかることがあります。お勧めです。

    「B08POE-5MPL-A」の製品画像

    B08POE-5MPL-A

    「B08POE-5MPL-A」の参考価格、購入先

    B08POE-5MPL-A (参考価格9000円前後)

    「B08POE-5MPL-A」のスペック情報

    ベンダ紹介ページベンダ製品紹介ページ
    POE 802.3af, 48V
    Wifi
    表示画素数2592*1944@15fps
    イメージセンサー SONY335 CMOS Size, 1/2.8″
    レンズ 3.6mm 5MP HD Lens
    赤外線 18pcs LEDs, IR-CUT function, 5MP Night Vision
    View Angle 87°
    動作周囲温度-30℃~50℃
    防水性能 IP66 Level
    電源 Can be powered by both DC 12V 1A and POE
    圧縮方式 H.264/H.265/H265+
    SDカード No
    プロトコル Support ONVIF 2.6(backward compatible) and private protocol
    B08POE-5MPL-A スペック詳細

  • SV3C SV-B01POE-5MPL-A

    「SV3C」について

    SV3Cは2013年に設立されたセキュリティホームデバイスに特化したメーカーとのことです。主な製品はPOE IPカメラ、ワイヤレスIPカメラ、家庭用カメラ、その他アクセサリで、自社ブランド度して「SV3C」を展開しており、一部にODM/OEMを提供しているとのことです。利用者視点では、SV3CのIPカメラはAmazonやヤフオク等で1万円以下のお手頃価格で入手しやすく、数年間にわたる運用でも問題なく稼働し続けるデバイスを製造しています。カメラのCCDは、Sony製を利用している場合と、それ以外のCCD(中国メーカー?)を利用している模様です。一点、注意点は5万円以上で売られている日本メーカー製に比べるとユーザーインターフェース等に粗削りな箇所があるところです。しかし、ONVIFで録画サーバにデータを集める場合、ユーザーインターフェースは初期設定にしか利用しない為、コスパの良い製品であることに変わりはありません。

    「SV-B01POE-5MPL-A」について

    PoEに対応したSony製CCDを用いた高解像度カメラです。防水性能もIP66と申し分ないのですが、現状日本ではまだ売られていないようです。

    「SV-B01POE-5MPL-A」の製品画像

    SV-B01POE-5MPL-A

    「SV-B01POE-5MPL-A」の参考価格、購入先

    まだ日本国内での取り扱いは無いようです

    「SV-B01POE-5MPL-A」のスペック情報

    ベンダ紹介ページベンダ製品紹介ページ
    POE 802.3af, 48V
    Wifi
    表示画素数2592*1944
    イメージセンサー 1/2.8″ 5 Megapixel SONY CMOS sensor
    レンズ 3.6mm 5MP HD Lens
    赤外線 6pcs LEDs, IR-CUT function, 5MP Night Vision
    View Angle 70°
    動作周囲温度-30℃~50℃
    防水性能 IP66 Level
    電源 Can be powered by both DC 12V 1A and POE
    圧縮方式 H.264/h265/h265+, Support RTSP Compatible
    SDカード
    プロトコル
    SV-B01POE-5MPL-A スペック詳細

  • SV3C SD5POE-5MP-HX

    「SV3C」について

    SV3Cは2013年に設立されたセキュリティホームデバイスに特化したメーカーとのことです。主な製品はPOE IPカメラ、ワイヤレスIPカメラ、家庭用カメラ、その他アクセサリで、自社ブランド度して「SV3C」を展開しており、一部にODM/OEMを提供しているとのことです。利用者視点では、SV3CのIPカメラはAmazonやヤフオク等で1万円以下のお手頃価格で入手しやすく、数年間にわたる運用でも問題なく稼働し続けるデバイスを製造しています。カメラのCCDは、Sony製を利用している場合と、それ以外のCCD(中国メーカー?)を利用している模様です。一点、注意点は5万円以上で売られている日本メーカー製に比べるとユーザーインターフェース等に粗削りな箇所があるところです。しかし、ONVIFで録画サーバにデータを集める場合、ユーザーインターフェースは初期設定にしか利用しない為、コスパの良い製品であることに変わりはありません。

    「SD5POE-5MP-HX」について

    PoEに対応したSony製CCDを用いた高解像度カメラです。防水性能もIP66と申し分ないのですが、現状日本ではまだ売られていないようです。

    「SD5POE-5MP-HX」の製品画像

    SD5POE-5MP-HX

    「SD5POE-5MP-HX」の参考価格、購入先

    まだ日本国内での取り扱いは無いようです

    「SD5POE-5MP-HX」のスペック情報

    ベンダ紹介ページベンダ製品紹介ページ
    POE 802.3af, 48V
    Wifi
    表示画素数2560*1920
    イメージセンサー 1/2.8″ SONY335
    レンズ 5X Full Automatic Varifocal; F=2.7-13.5
    赤外線 3pcs array infrared LEDs, IR-CUT function, 5MP Night Vision
    View Angle 26-96 degree
    動作周囲温度-10℃~50℃
    防水性能 IP66 Level
    電源 DC 12V 2A
    圧縮方式 H.265、H264
    SDカード Optional 128GB SD Storage
    プロトコル Support ONVIF 2.4(backward compatible)
    SD5POE-5MP-HX スペック詳細

  • SV3C B01POE-3MPL-A

    「SV3C」について

    SV3Cは2013年に設立されたセキュリティホームデバイスに特化したメーカーとのことです。主な製品はPOE IPカメラ、ワイヤレスIPカメラ、家庭用カメラ、その他アクセサリで、自社ブランド度して「SV3C」を展開しており、一部にODM/OEMを提供しているとのことです。利用者視点では、SV3CのIPカメラはAmazonやヤフオク等で1万円以下のお手頃価格で入手しやすく、数年間にわたる運用でも問題なく稼働し続けるデバイスを製造しています。カメラのCCDは、Sony製を利用している場合と、それ以外のCCD(中国メーカー?)を利用している模様です。一点、注意点は5万円以上で売られている日本メーカー製に比べるとユーザーインターフェース等に粗削りな箇所があるところです。しかし、ONVIFで録画サーバにデータを集める場合、ユーザーインターフェースは初期設定にしか利用しない為、コスパの良い製品であることに変わりはありません。

    「B01POE-3MPL-A」について

    PoEに対応したSony製CCDを用いた高解像度カメラです。防水性能もIP66と申し分ないのですが、Amazonでも取り扱いがある事から容易に購入することが可能です。値段は6千円程度ですが、セール時には1000円程度クーポン値引きがかかることがあります。お勧めです。

    「B01POE-3MPL-A」の製品画像

    SV3C B01POE-3MPL-A

    「B01POE-3MPL-A」の参考価格、購入先

    B01POE-3MPL-A (参考価格5500円前後)

    「B01POE-3MPL-A」のスペック情報

    ベンダ紹介ページベンダ製品紹介ページ
    POE 802.3af, 48V
    Wifi
    表示画素数2304*1296
    イメージセンサー 1/2.9″ 3 Megapixel CMOS sensor
    レンズ 3.6mm 3MP HD Lens
    赤外線 6pcs LEDs, IR-CUT function
    View Angle 70°
    動作周囲温度-30℃~50℃
    防水性能 IP66 Level
    電源 Can be powered by both DC 12V 1A and POE
    圧縮方式 H.264/h265/h265+, Support RTSP Compatible
    SDカード
    プロトコル
    SV3C B01POE-3MPL-A スペック詳細